Home セミナー/イベント 過去のセミナー・フォーラム

2016.6.8 IoT時代に向かう半導体産業の展望


下記セミナーは、盛況のうちに終了いたしました。

講師の皆様並びにご受講いただいた皆様、誠に有難うございました。

厚く御礼申し上げます。


開催日時】 2016年6月8日(水)13:00-17:00

会  場 「連合会館(旧名称:総評会館)」 201会議室

                 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B3出口直結)

【定  員】50名

受  講  料 32,000円 (税別)※テキスト、コーヒー代含む

   
 

<<セミナー概要>  

成熟化の様相を呈してきたPCやスマートフォンに続く市場として、IoT産業には非常に大きな期待が寄せられております。IoTをターゲットとした半導体デバイスメーカの研究開発・設備投資も本格化してきました。

そこでこの度、目まぐるしく変貌する業界の展望をお伝えすべく、急遽セミナーを開催することといたしました。半導体業界の設備投資動向やIoT市場の将来予測、更に半導体実装技術の動向について、わかりやすく4時間に亘ってお伝えいたします。

 

 

 

 

 

 


 
   
 
 
    【プログラム】  
 
   
 
  13:00-14:00    

IoTに向かって設備投資が進む半導体産業の現状と展望

株式会社産業タイムズ社

代表取締役社長 泉谷 渉 氏

<アブストラクト>

1. 世界の半導体市場はスマホ伸び悩みで横ばいの40兆円

2. 半導体設備投資は高水準維持で7兆円以上の予想

IoTによる電子機器、半導体への影響IoTによる電子機器、半導体への影響

3. IoT開花でサーバー、物流に新市場

4. フラッシュメモリは2016年後半に爆発的成長

5. IoTを睨み事業再編はさらに加速

6. インテル、サムスン、TSMCの投資はさらなる微細化追求

7. 想像を絶する巨大投資もくろむ中国勢に懸念

8. 電子部品、自動車も半導体生産に突入

 
 
   
 
 

 

14:10-15:00

 

   

変貌する半導体実装技術の動向」

 グローバルネット株式会社

代表取締役 武野 泰彦

<アブストラクト>

1. 半導体産業の中のパッケージビジネス

2. 半導体パッケージ企業の動向

IoTによる電子機器、半導体への影響IoTによる電子機器、半導体への影響

3. Fan Out技術と今後の展開

 4. IoT時代に向けた3Dパッケージ技術

 


  15:05-17:00    

IoT市場の分析と将来予測」

IHSグローバル株式会社

日本調査部ディレクター 南川 明 氏

<アブストラクト>

1. IoT市場予測と普及の背景

2. IoTによる電子機器、半導体への影響

IoTによる電子機器、半導体への影響IoTによる電子機器、半導体への影響

3. IoTに向けたM&Aの現状

4. 中国の半導体戦略と影響力

 
 
   
 
  17:20-     別会場にて名刺交換会  
 
   
 
 
 ※内容を一部変更する場合がございます。


【注意事項】

◇お申込後、弊社より請求書をお送りいたします。受講料はセミナー前日までにお支払いください。
(支払サイクル等の関係でご都合が悪い場合はご相談ください)

◇受講料の払い戻しはいたしません。
(申し込まれた方がご都合の悪い場合は、代理の方がご出席ください)


最終更新 2016年 7月 20日(水曜日) 17:05