Home セミナー/イベント 受講受付中セミナー

2017.04.26 OLEDディスプレイ製造プロセス・材料の産業動向

 


【開催日時】 2017年4月26日(水)13:00-17:00

【会  場】 「連合会館(旧名称:総評会館)」 201会議室

(東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B3出口直結)

【定  員】50名

【受  講  料】 32,000円 (税別)※テキスト、コーヒー代含む 

 
 

<<セミナー概要>  

OLED(有機EL)ディスプレイは、スマートフォンや自動車などでの採用が加速し、市場が急拡大することが確実視されています。
弊社では皆様のご要望にお応えし、この度「第2回 OLEDディスプレイ技術と産業動向」を開催することといたしました。
ディスプレイは徐々に液晶からフレキシブル有機ELへとシフトしつつあり、折り曲げ型や巻取り型など様々な形状も現在開発が進んでいます。
  
そこで弊社では、今後の更なる市場本格化にあたっての有機ELディスプレイ製造プロセス・材料の技術動向及び課題、市場動向等についてセミナーを開催することといたしました。
  

 

 

 

 

 

 


 
   
 
 
   

【プログラム】

 
 
   
 
  13:00-14:55    

「OLEDディスプレイの構造・プロセス・材料技術 

山形大学 フロンティア有機材料システム創成フレックス大学院

産学連携教授 菰田 卓哉 氏

<アブストラクト>

1  有機ELが新たな段階にーその理由と期待

2. 有機EL技術を解剖する

 a. 有機EL の歴史

 b. 基本構造

 c. 製造工程

 d. 封止工程

 e. 有機EL材料

  e-1 発光材料-低分子系と高分子系の現状と課題

  e-2 周辺材料

  e-3 塗布型材料の現状と課題

3. 有機EL ディスプレイの現状

 a. ディスプレイの基礎技術

 b. 蒸着型の現状と展望

  b-1 塗り分け型

  b-2 白色バックライト型

 c. 塗布型の現状と展望

  c-1 インクジェット

  c-2 転写・グラビア

 d. 大型化への対応とフレキシブル化

4. 有機ELへの今後の期待

 
 
   
 
 
   
 
 


14:55-15:05


   

コーヒーブレイク

 
 
   
 
  15:05-17:00    

「OLEDディスプレイ製造プロセス・材料の企業動向・市場動向」

分析工房株式会社 シニアパートナー PhD   服部 寿 氏

<アブストラクト>

1. フレキシブルディスプレイパネルのアプリケーション、市場規模予測、投資

2. 韓国産業界の動向、開発戦略、開発課題

 2.1 有機EL基板

 2.2 蒸着/インクジェットのOLED工程

 2.3 LLO技術

 2.4 封止技術

 2.5 タッチパネル

 2.6 偏光フィルムの動向

 2.7 グラフェン電極膜の動向

 2.8 カバーウィンドウフィルムの動向

 2.9 保護フィルム(Base film)の動向

3. 中国・台湾産業界の市場動向、開発戦略、開発課題

4. 日本産業界が進むべき戦略の方向性と課題

 
 
   
 
  17:20-     別会場にて名刺交換会  
 
   
 
 
 ※内容を一部変更する場合がございます。


【注意事項】

◇お申込後、弊社より請求書をお送りいたします。受講料はセミナー前日までにお支払いください。
(支払サイクル等の関係でご都合が悪い場合はご相談ください)

◇開催7日前以降のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
(申し込まれた方がご都合の悪い場合は、代理の方がご出席ください)


最終更新 2017年 3月 29日(水曜日) 09:58