Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 使ってみてはじめて分かった、iPhone7「A10 Fusion」の劇的進化

使ってみてはじめて分かった、iPhone7「A10 Fusion」の劇的進化

2016年2月、米Avago Technogies社による米Broadcom社の買収が完了した。買収額は370億USドルで、内170億USドルが現金、残り200億USドル相当分が株式によって支払われた。同買収により、1年半以内に年間7億5,000万USドルのコスト削減が見込めるとしている。年間売上高はおよそ150億USドルとなる見込みで、買収後の社名は「Avago Technologies」を継承せず、「Broadcom」とした。【GNC Letter 222】JR東日本、新型通勤電車にSiC半導体素子を採用
****************************************************
関係各位 日頃は格別のご高配を賜り、誠に有難うございます。
公益社団法人 化学工学会 エレクトロニクス部会が主催するシンポジウム「微小銅めっきのメカニズムとその応用」
が9月11日(木)12:30~17:40/懇親会 17:50~19:00に蔵前会館 ロイアルブルーホールで開催されます。
参加費等詳細につきましては このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
****************************************************
◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
【GNC CMP/実装評価用ウエハ】
★あらゆる300mm評価用ウエハに対応
★CMPダマシンCVD Ru,Coバリヤウエハ
★GNC Bump インターポーザ G-03kitをさらにバージョンアップ
★GNC BUMP G-02 KIT
★GNC TSV評価用ウエハ(200mm・300mm)
★450mm 評価用ウエハ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇◇
●JR東日本は7月2日、SiC半導体素子を搭載した新型通勤電車(E235系)の量産計画を発表した。2015年3月以降に
落成し、走行試験を行い2015年秋頃から山手線で営業運転を開始する。現行の車両ではSi IGBTモジュールを使用
しているが、SiCモジュールを利用することにより車両の消費電力の抑制を図る。
●イスラエルTower Semiconductor社は2014年7月1日、京都・長岡京市にセールス&サポートオフィスを開設する
と発表した。同社は2014年4月にパナソニックとの合弁会社「パナソニック・タワージャズ セミコンダクター」
を設立、パナソニックの旧北陸3工場(魚津・砺波・新井)が移管されている。同合弁会社での生産を中心に、
日本及びアジアの顧客との関係構築や販売戦略の主要拠点として新オフィスを位置付ける。
●リソグラフィ光源メーカーであるギガフォトンは6月30日、現在開発中のEUVスキャナー用レーザー生成プラズマ
(LPP)光源のプロトタイプにおいて、最大出力92 Wを発光効率(CE)4.2%で達成することに成功したと発表した。
今後同社では量産対応EUVスキャナーの実現に向けて、2014年末までに150Wの出力、最終的には250Wを目指し
研究開発を行う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GNCの出版物】
★「世界半導体製造装置・試験/検査装置市場年鑑2014」 2014年3月31日発刊
書籍版 定価 48,000円+税  CD-ROM版 定価 85,000円+税 セット料金(書籍+CD-ROM)定価99,800円+税
【リソグラフィ工程、エッチング工程、薄膜形成工程など半導体製造装置全60品目、マスク/レチクル検査装置、
半導体テスタなど試験/検査装置全26品目の企業シェアを日本、米国、韓国、台湾、欧州などの地域で徹底分析】
★「世界有機EL照明産業年鑑2013」 2013年10月15日発刊 定価 38,000円+税
★「世界LED照明産業年鑑2013」 定価 38,000円+税
★「CMP基板とその消耗材市場分析レポート 2013」 定価 180,000円+税
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>>Global Netはこの他半導体やLEDのマーケット資料・加工ウエハの提供をしております。
****************************************************
このメールは、過去にグローバルネット(株)の書籍をご購入頂いた方、セミナーにご参加頂いた方、各種展示会で
弊社ブースにお立ち寄り頂いた方にお送りしております。
今後弊社からのメール案内を希望されない場合、メールアドレスの変更を希望される場合は下記よりお手続き下さい。
反映されるまで数日かかる場合がありますが、ご了承ください。
****************************************************
※メールアドレスの変更、配信停止をご希望の方は、お手数ですがご連絡をお願い致します。⇒  このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
【発信元】
グローバルネット株式会社 http://www.global-net.co.jp/
東京都中央区湊1-2-10 堀川ビル3F
お問い合わせ: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
個人情報の取り扱いについて:http://www.global-net.co.jp/privacy.html量子ドットフィルムによるイメージセンサ、本年中に製品化へ
iPhone7
  
●iPhone6の調子が急に悪くなった。購入からちょうど2年、iPhone7の発表直後だった。そもそも今回のモデルチェンジは見送り、OLEDディスプレイと10nmプロセス採用のモバイルAP「A11(仮)」の搭載が見込まれる、2017年モデルを待とうと思っていたのだが... これが俗に言う「Appleタイマー」というやつか、と渋々購入に踏み切った。所詮マイナーチェンジだろう、そんな新モデルに大枚が飛んでいくのか。
    
ところが使い始めてものの数分で、恥ずかしながら180度考えが変わっていた ー これは素晴らしい。全くもって、新しい。買うんじゃない、買わされるんだとか思って、失礼しました。

●では、何が新しいのか。同じカラーを選択したこともあって、外見は2世代前のモデルと並べても、どちらがiPhone7か区別がつかない程だ。防水仕様になった、ホームボタンが物理的ボタンでなくなった、Felica対応になった、バッテリーが少し長持ちする、イヤホンジャックがなくなった、カメラの画質が上がった ー どれもよく改良されているが、正直なところ飛躍的な進化とは言いがたい。
  
A10
  
●革新的に新しかったのは、搭載されたモバイルAP「A10 Fusion」だ。台TSMC社のFOWLP「InFO」を採用したことで大変話題になったが、iPhone6s/SE搭載の「A9」と同じ16nm FinFETが用いられていることもあり、個人的にそこまで大きな処理能力の向上は予測していなかった。これまでモバイルAPがアップグレードする際は、必ずより微細なプロセスが採用されており、同じノードに留まるのは今回が初めてのケースだ。
  
しかしこれが、圧倒的に速い。驚くほどキビキビとアプリが切り替わる。とあるベンチマークテストでは、「A9」より30%〜40%高速で、MacbookやiPad Proを凌駕し、更には何と最新のMacbook Airに双肩する数値が出たとも報じられている。私がこれまで使っていたiPhone6の「A8」と比較すると、およそ倍の処理能力だ。速く感じられるはずである。ちなみにこれまで2年間、iPhone6を使っていて処理が遅いと感じたことはなかった(iPhone5の時は感じていた)。iPhone7に変えて、初めて「ああ、今まで遅かったんだ」と気付かされたのが実のところである。
  
●ここまでチップの性能が上がってきたのなら、いっそのこと米Apple社には、iPhoneをコアとするMacbookを作って欲しいと思うのだが、いかがだろうか。手持ちのiPhoneを差し込むことで、始めてMacbookとして使用できるもので、iPhoneのチップをプロセッサとして用いる。接続時にはiOSではなくMac OSが立ち上がり、ビジネスユースにもぴったりだ。差し込んだiPhoneはトラックパッドやテンキーとして使える。iPhoneを一人一台持っていれば、Macを共有してもプライバシーは保たれる ー  そんな妄想が浮かんでくるほど、結局しっかりとApple漬けになってしまった、シルバーウィークの真っ只中だった。
  
(画像は米Apple社 ホームページより)
  
semifab_banner
  
  gncletter_banner
最終更新 2016年 11月 04日(金曜日) 17:19