Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 【GNC Letter 48】NEDO・有機EL照明開発プロジェクトの動向

【GNC Letter 48】NEDO・有機EL照明開発プロジェクトの動向

******************************************
関係各位 日頃は格別のご高配を賜り、誠に有難うございます。
4/11、ドイツ・フランクフルトで世界最大級の照明/建築イベント「Light+Building2010」が開幕しました。
今回、NEDOは日本の有機EL照明技術を紹介しているそうです。GNC Letter 48では、NEDOの有機EL
照明プロジェクトの動向をお届けします。
******************************************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇◆◇◆好評発売中◇◆◇◆◇◆

「世界有機EL照明産業年鑑2009」(2009年6月20日発行/約150ページ/定価:消費税込39,900円)
 ◇日本/米国/欧州の有機EL照明機器メーカー22社、材料メーカー12社、有機EL照明製造装置メーカー11社を徹底的に調査・分析!「世界LED照明産業年鑑2010」(2010年1月31日発刊/約150ページ/定価:消費税込39,900円) ◆日本/米国/欧州/韓国/台湾のLED照明機器メーカー60社の企業戦略・開発動向を解明!概要・お申込みは⇒
http://gncnet.jp/pub/yuuki_el.html  http://gncnet.jp/pub/wledl2009.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●有機EL照明関連では平成19年に「有機発光機構を用いた高効率照明技術の開発」プロジェクトをパナソニック電工・出光興産・タツモが受託。また、同年の「エネルギー使用合理化技術戦略的開発」プロジェクトのテーマの1つとしてNECライティングが提案した高効率有機EL照明の実用化研究開発が採択されている。●平成21年度事業の「次世代高効率・高品質照明の基盤技術開発」プロジェクトの委託先が先日、決定した。同プロジェクトにはLED照明と有機EL照明の2つテーマがあり、このうち有機EL照明についてはパナソニック電工、出光興産、タツモ、長州産業、コニカミノルタテクノロジーと青山学院大学、山形大学が選ばれた。5年間で光取り出し技術や封止技術、低コストのプロセス技術など開発を行う予定となっている●有機ELディスプレイについても平成20年から「次世代大型有機ELディスプレイ基盤技術の開発」を開始。2010年代後半に40インチ以上の大型かつ低消費電力のディスプレイの量産実用を目指すもので、ソニー、東芝モバイルディスプレイ(受託当時は東芝松下ディスプレイテクノロジー)など民間企業10社と産業技術総合研究所が共同で受託した。>>Global Netはこの他半導体やLEDのマーケット資料・加工ウエーハの提供をしております。http://www.global-net.co.jp/ ***********************************************************************************このメールは、過去にグローバルネット(株)の書籍をご購入頂いた方、セミナーにご参加頂いた方、各種展示会で弊社ブースにお立ち寄り頂いた方にお送りしております。今後弊社からのメール案内を希望されない場合、メールアドレスの変更を希望される場合は下記よりお手続き下さい。***********************************************************************************※メールアドレスの変更、配信停止をご希望の方は、お手数ですが ご連絡をお願い致します。 ⇒  このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください  

最終更新 2011年 2月 15日(火曜日) 16:10